糖尿病になったときの食事方法を栄養士が解説

食事から糖尿病患者や家族の介護をサポートする食事療法支援サイト

糖尿病の種類と食事療法のはたらき

意外に思われるかも知れませんが、糖尿病患者が食事療法で取る食事は、一般的な健康食とほとんど遜色は無く、味気ないイメージも飽食の時代とファストフードに対する日本人の文化的な親和性の高さやジャンクな味の食品の氾濫によって、幼少期の食育の大敵となる塩味・甘味の摂取機会が増加したことによるものに過ぎず、個人の体格・性別や職種に合わせたカロリーと人間の活動と体の形成に必要、並びに生体循環に必要とされる栄養素を過不足なく三食の食事から摂取することは、健康的な食生活の基本であるため、健康的な食事を美味しく感じることができるだけの味蕾の発達があれば、苦になることはありません。

ただし、幼少期からの食育はその重要性に反して注目されてこなかったこともあってか、幼少期の食育が不十分で味蕾が発達しきらないまま味蕾の発達期を終えてしまった方が多数いるが為に、味気ないと感じてしまう適正量の栄養価を含んだ食事よりも栄養価に偏りがありながら未熟な味蕾でもうま味を感じやすい糖分・油分・塩分が多く含まれるジャンクな食事が好まれる傾向が多くの年代で見られ、健康的な食事が敬遠されファストフードが好まれることが、そのまま偏ったバランスでの食生活が生活習慣病を招き、食事療法の躓きの原因となるなどの弊害を生み出してしまいました。

栄養素とカロリーのバランスがとれた食事は糖尿病患者のような病人向けの病人食ではなく、万人向けの病気の予防を兼ねた通常の食事であることを認識し、日常の食事に含まれるカロリーと栄養素に目を向けるべきなのです。

糖尿病患者の食事と日常の食事の偏り

糖尿病の罹患率の九割以上を占める二型糖尿病と一型糖尿病を含むその他の糖尿病の発生要因や症状の違いについて比較を行いながら、型の違いが糖尿病患者の食事療法にとってどのような形で影響を及ぼし、糖尿病における食事療法の効果の違いとして現れるのかを探りました。

日常的な糖尿病患者の食事

糖尿病患者に対し食事療法が果たす役割への具体的な言及を行うことで、糖尿病治療において期待される食事療法の役割を提示しつつ、糖尿病患者に給される食事に含有されるカロリーや栄養素、ひいては食事内容が、殊更、日常の食事と乖離しているわけではないことを述べています。

介護者をサポートする食事方法

本項は、糖尿病患者に対して日々の食事を用意する家族をはじめとする介護者の補助となる、糖尿病患者食の購入や化学調味料が無添加の離乳食を流用した糖尿病患者食作成の簡易化に触れると共に、糖尿病患者が外食を行うにあたっての注意事項をまとめたページです。

おすすめリンク

宅配で届く糖尿病食とは

宅配で届けてもらえる糖尿病食は便利で安心です。利用の仕方をご紹介いたしますのでご覧下さい。