食事から糖尿病患者や家族の介護をサポートする食事療法支援サイト

糖尿病患者の食事と日常の食事の偏り

糖尿病の種類と症状の相違

糖尿病は日本でも生活習慣病としての認知度が高いことから、生活習慣病の一種であるかのように思われがちであるものの、実際に生活習慣病として類されているのは、二型糖尿病に限られる上、二型は発症のメカニズムの解明がされておらず、遺伝と不摂生の重複によって発症すると目されているに過ぎません。

糖尿患者の九割以上が二型糖尿病であることもあって、現在のところ生活習慣病の一種との認識が強い糖尿病ですが、膵臓機能が異常をきたすことで発症する一型は生活習慣病に類されませんし、遺伝により発症する糖尿病も同じく生活習慣病とは言えないでしょう。

症状としては二型とそれ以外で大雑把に分類可能で、二型は血糖のコントロールを担うインスリンに抗体のようなものができて機能不全を起こし、一型を含むその他の糖尿病はインスリンの生産能力そのものが病変で失われます。

型の違いによる食事療法の効果の差

基本的に食事療法の効き目があるのは主に二型糖尿病で、一型糖尿病等ではそもそもインスリンが生産されないことが問題であるのに対して、二型糖尿病の場合インスリン自体の生産はなされていることが両者の差を分け、一型糖尿病はインスリン自体を補う必要がありますが、二型糖尿病は効きが悪くはなっているもののインスリン自体は生産されていることから、食事療法で血糖値の変動を抑制する事によるインスリンの働きのサポートが効果を発揮するため、直接の病状改善に効果を期待できます。

では、一型糖尿病に食事療法が全く役立たないかといえば、そういうわけではなく、インスリンの摂取による低血糖のような副作用を抑制する機能を発揮することから、効果に違いこそあれ、食事療法は有効です。