食事から糖尿病患者や家族の介護をサポートする食事療法支援サイト

日常的な糖尿病患者の食事

糖尿病患者の食事に求められること

糖尿病患者はインスリンが効きにくかったり、生産されなかったりすることが原因となり、血液中の糖分が過剰な状態になってしまい、血糖をコントロールできないことから、血糖に著しく影響を与える食事は、最も注意を払わなければならないものであり、進行の度合いにもよりますが、二型糖尿病に限れば、食事療法を通じて完治には至らないまでも、病状が寛解するケースは少なからず存在しています。

よって、糖尿病患者の食事に求められることは、インスリンのサポートと食事による健康の維持促進を経た、糖尿病の寛解補助であり、血液中の糖の変動幅を小さくすることと、インスリンが正常に機能するような健全な状態に体を整えることになるでしょう。

糖尿病患者のための日常の食事方法

一般に糖尿病患者の食事というと、ひどく味気ないものを想像される方もおられるかも知れませんが、糖尿病の患者の食事に求められるのは、適切なカロリーと栄養素の確保と血糖値の急激な変化を避けるための適正回数・適正時間の食事であるため、六時間おきに一日三食を取りつつ、必要な分の栄養素さえ確保できるなら、担当医と相談の上、適正カロリーの範囲内で食事の献立自体は自由に選択できるのです。

一食ごとの基本的な献立の編成は、主食に主菜一品と副菜二品がスタンダートで、調味料に含まれる糖質や脂質、塩分に注意を払いつつ、糖質・脂質・タンパク質・ミネラル・ビタミン・食物繊維の六大栄養素を摂取することが基本となる、いわゆる健康に良い食事の域は出ません。